So-net無料ブログ作成

菅代表就任で真紀子節“炸裂”「選挙管理内閣だから」(産経新聞)

 菅直人氏の代表選出について、民主党の田中真紀子元外相は「順当なところ、私も経験ということで菅直人さんに投票した」と評価。一部報道で、樽床伸二氏に激励の電話をかけたとされたことについては「それはウソ。ずっと前に昼間に話したが、激励なんてどなたにも言っていない」と否定した。

 「国民目線、生活者目線で仕事するには菅先生」と持ち上げる一方、「本来、こんなドタバタで内閣総理大臣になる人を選んでいいとは思わない」と苦言も呈し、一部から田中氏の代表就任を望む声があったことについては、「光栄だが、今回は選挙管理内閣だと思うから、辞退申し上げた」と切り捨てた。

 また、石井一参院議員は、菅新代表について「反省しながら前進するという感じ」と評価し、「選挙も近づいている。時間との勝負。国民は民主党の新しい決意をそれなりに評価してくれると期待します」と話した。

【関連記事】
菅新代表「首相として国を立て直す。本格政権築きたい」
「謙虚な姿勢で」 渡部恒三氏、「イラ菅」返上望む
菅氏「首相から(引き継ぎの)メモをいただいた」
橋下知事、因縁の樽床氏に「ノーコメント」
「クリーンな政治」実現できるか 菅氏の手腕に注目

大津市長「市議実働50日未満」…反発受け謝罪(読売新聞)
菅首相会見要旨☆2(時事通信)
13日に腰痛予防の無料セミナー―聖カタリナ大(医療介護CBニュース)
ケアプランの自己作成率、要介護者の0.01%(医療介護CBニュース)
「速やかな審理実現を」 長官・所長会同で最高裁長官(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。