So-net無料ブログ作成

口蹄疫 神鹿は野生、隔離できず見回るしか…奈良県苦悩(産経新聞)

 宮崎県で家畜の伝染病、口蹄(こうてい)疫が拡大している問題で、奈良公園(奈良市)のシカの管理にあたる奈良県などが対応に頭を悩ませている。「野生で1カ所にとどめておけない」(県ならの魅力創造課)シカの感染予防は現実的に不可能。感染が起きた場合、国の天然記念物に指定され、観光客らからも親しまれているシカをどう扱うかという難題にも直面する。

 公園のシカの保護にあたる財団法人「奈良の鹿愛護会」は、宮崎県での口蹄疫感染発生が報じられると同時に、パトロールする職員がシカに感染症状が見られないかをチェックする態勢をとった。26日も早朝からシカの食事の様子を丹念に観察し、口内などに水疱がないかを調べた。

 愛護会職員で獣医師の吉岡豊さん(62)は「職員は口蹄疫に感染した家畜を撮影したDVDを見るなどして症状を把握し、シカを観察している。見回りの回数も増やした」と話す。

 今月6日には、異常を確認次第、会の獣医を通じて報告する連携も県と確認。ただ、感染を水際で食い止める策はないのが現状だ。

 奈良公園周辺には、約1千頭のシカが生息。病気やけがで「鹿苑(ろくえん)」と呼ばれる施設に保護されているシカのほかは、約500ヘクタールという広大な公園内や周辺を自由に動き回っている。

 県ならの魅力創造課は「1カ所に集めて避難させるのも、観光客との接触を全面的に禁じるのも現実的でない」。愛護会も鹿苑内の消毒は以前から実施しているが、公園全体の消毒は不可能だ。

 今後、宮崎県外への口蹄疫感染の拡大が確認された場合、「シカと家畜が接触する可能性もあり、対応を文化庁と協議する必要がある」(同課)という。悩ましいのは、万が一、シカが感染した場合だ。「天然記念物だが、文化庁の許可があれば処分もできなくはない。ただ、『神鹿(しんろく)』として地元で敬われ、親しまれているだけに激しい反発も予想される。うかつに答えが出せない」

 愛護会職員の甲斐義明さん(41)は「注意をしてパトロールしているが、口蹄疫に感染したシカが発見されないことを願うばかり」と話した。

【関連記事】
口蹄疫 宮崎牛含む物産展を開催 高島屋、、地元産品を応援
口蹄疫 経済的損失回避へ、封じ込め徹底
口蹄疫 大阪府が全農家に消石灰配布へ
口蹄疫 「厳戒態勢」の中で競り 和歌山
口蹄疫 宮崎への義援金が3億円
虐待が子供に与える「傷」とは?

<地震>沖縄県大東島で震度4=午後5時53分(毎日新聞)
裁判長らが現地視察=諫早湾干拓開門訴訟―長崎地裁(時事通信)
「天下り」「事業独占」にメス=公益法人、20日から仕分け(時事通信)
<トキ>最後のペアも抱卵中断…今春のひな誕生絶望的(毎日新聞)
法定相続人の定義など相続の基礎を学ぶ(医療介護CBニュース)

<紙幣ばらまき>男性が東名阪道で 280万円回収(毎日新聞)

 名古屋市中川区の東名阪自動車道上り線の大治南料金所付近で15日、男性が歩きながら大量の紙幣をばらまく騒ぎがあった。愛知県警は16日までに280万円弱を回収した。

 県警津島署によると15日午後3時15分ごろ「男が高速道路で金をばらまいている」と110番があった。県警高速隊が約30分後、名古屋高速道千音寺料金所付近の高速道路上を走っていた津島市の男性(49)を見つけて保護した。

 県警には午後2時40分ごろ、男性の家族から「現金700万円を持って車で出かけた」と110番があった。現金は大半が1万円札で、一部には最近亡くなった男性の母親の香典なども含まれていたという。男性の乗用車は近くの名古屋西ジャンクション付近で側壁に接触して乗り捨てられていた。同署は、男性が歩きながら金をばらまいたとみている。【高木香奈】

普天間移設 さまざまな案「断念」の過去(産経新聞)
捜査員が逮捕前に同宿「量刑に影響なし」懲役18年 大阪地裁(産経新聞)
全国一律の対策に批判相次ぐ―新型インフルの「医療体制」を検証(医療介護CBニュース)
皇后さま、赤十字大会に(産経新聞)
中畑氏、絶好調男の決意…たちあがれ日本から比例出馬(スポーツ報知)

動物愛護 殺処分からペット救え 100匹と飼い主が行進(毎日新聞)

 ペットブームの陰で捨てられた犬や猫が年間約28万匹殺処分されている現状を訴えるチャリティーウオークが9日、東京・お台場であった。真夏のような日差しのなか、約100匹の犬と飼い主が参加した。

 動物用医薬品を製造・販売する企業の主催。動物愛護センターから市民団体に保護されて殺処分を免れた犬たちが、新しい家族とともに海辺までの約2キロを大行進。3歳の雑種犬「メイ」を連れてきた埼玉県越谷市の学校相談員、仁上裕子さん(39)は「メイは自分が命拾いしたことを知っているのか、とても賢くていい子。子犬や純血種の人気が高いが、捨てられた雑種や成犬の譲渡がもっと広がるといい」と話した。

 主催企業はこの日集まったカンパや今後の売り上げの一部を、センターに収容された犬猫の新しい飼い主探しに取り組む動物保護団体などに寄付する。【田後真里】

大岡裁きの出番かも…逃走クジャクに飼い主2人(読売新聞)
<火災>住宅全焼、1遺体見つかる…夫婦が不明 大阪・門真(毎日新聞)
「地球を覆うほどの愛で」谷亮子氏が参院出馬、現役続行も表明(産経新聞)
市光工業の女性管理職第一号…派遣社員から昇格(レスポンス)
<NPT会合>81歳、非核の叫び 400人前に谷口さん(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。